カテゴリ:作品紹介( 22 )

宇宙ヤバイコピペ

Roblog::読兎 宇宙ヤバイナイザー
ヤバイ。女神ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
女神ヤバイ。
まず宇宙。もう宇宙なんてもんじゃない。超宇宙。
宇宙とかっても
「謎20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超宇宙。
しかも突入してるらしい。ヤバイよ、突入だよ。
だって普通は地球とか突入しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で謎とか泣くっしょ。

[PR]
by CuFeS2 | 2005-09-28 00:46 | 作品紹介

4ギガピクセルの写真

凄すぎる!

People Watching
[PR]
by CuFeS2 | 2005-02-11 23:18 | 作品紹介

毎月1日は映画の日

というわけで3本見てきました。4本は体力が持ちませんでした。

コラテラル

ひげを生やしたら、やっぱりそれ相応に見えるもんですね。トムクルーズが暗殺者で登場するストーリー。良くあるハリウッドスタイルの映画。まぁ、ラストで暗殺者が打ち損なってはいけないのですけれどね。ハリウッド的には無難な映画かな。評価はB。

2046

主人公の物書きは女好きで、また彼女らや近隣住民の生活をネタにした小説を書いて生計を立てている。そうしてゆくうちに、男と女の思いが交錯する…という映画。タイトルの節操のなさに驚き、はじめは、何がなんだかわからず(木村卓哉のナレーションはないほうが良いのではないかな)中盤までかなりだるい。後半はその勢いを取り戻すかのように盛り上がってゆくのだが、なんだか惜しい。

かなり奇妙な動き方をする列車がGOODだったのと、トニーレオンの正面姿が木村拓哉に似ていたのが(目だと思うけれど)発見だった。なんだか、ちょっと昔の中国映画っぽかった。評価はB+。


アイ,ロボット

ロボット反逆もの。良くできている。少なくとも、A.Iよりは良くできている。ロボット3原則がストーリーの根幹を成していて、お話は人間とロボット(人工知能)との不理解度合いに焦点が当てられる。なんだかアップルシードを裏返したもののようだった。 評価はA-。
[PR]
by CuFeS2 | 2004-11-02 01:24 | 作品紹介

映画CASSHERNは、熱かった。

昨日、CASSHERN DVDが家に届いた。

私は、原作のキャシャーンを知らないのですが、この作品はかなり悲しい映画です。そのキャラクターに救われなさのために、一般の方の評価が悪いのが残念なところです。それはおそらく、物語の結果に裏切られたからだろうと思いますし、宇多田ヒカルの旦那さんで売れっ子のフォトグラファー紀里谷和明の人気度の高さからくる反動のように思えます。ちょっとタイミングが悪かったですね。

また、一部の評論家やそのつもりの人が「これで日本映画は終わった」と暴言を吐いているようですが、彼らはこの作品に関して何もわかっていないですね。映像作家兼デザイナーの立場から言わせてもらうと、この作品はいろいろな意味で"すごい"です。逆にその評論家に「あなたは何を観たのですか?」と逆切れ気味に質問したくなります。

作品の、時代に不釣合いなあからさまな激しさと、実験的なビジュアルと無理のある映像構成に驚愕し、かなりうれしくなりました。逆に言うとジブリとか、踊る大走査線というものだけが良い日本映画と思っている人には、衝撃が大きかったのかも知れません。

作品の内容や映像からいって、万人向けではありませんし、解かる人しか解らない映画なのですが、僕はこの作品にこめられた想いと願いに熱くなりました。前評判にとらわれず興味があれば見て欲しいと思います。

ただ、自分にあわなければ何も言わず忘れてください。
[PR]
by CuFeS2 | 2004-10-26 15:28 | 作品紹介

アマチュアの繁栄する現在

先日、某所の夜間警備を頼まれ(といっても、現場で徹夜をしてたまに見回りをするだけなのだが)、かなり暇になるだろうことが予想されたので、PCでゲームでもしながら暇をつぶそうと計画する。

いくつか、NETを見回っていたら、犬と猫 - レミュオールの錬金術師 ver 1.43が、紹介されていたのでDL。

どうせフリーだし、まぁ、そんなものだろうとタカを括っていたのだが、見事に裏切られ、嵌ってしまい、3日間ほどゲーム攻略をする羽目になる。ゲームとしてかなり高いレベルで完成していて、これがフリーで遊べるのかと、正直、かなり驚く。

まぁ、もともと、化学者を目指そうとしていた人間なので、錬金術と名がつくものには目がなくて(ありえないんだけれど、ものが変化するかもしれないという期待が面白いのです)、ガストのマリーのアトリエ - ザールブルグの錬金術士-とかも、はまったんですけれど、いや、かなりいいゲームデザインのバランスをしていました。

かなり満足して遊べたので、ささやかながら、人生初の寄付行為でもしようかと本気で考えています。いや、こんなことされたら、ゲーム制作会社は困るだろうなぁとも、思ったりして。

まさに、CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:アマチュア革命がもたらす世界になってます。
[PR]
by CuFeS2 | 2004-10-11 01:08 | 作品紹介

1日は映画の日

もう、3日ですけれど。

見たのはM.ナイト・シャマランの監督第5作ヴィレッジと、バイオハザードⅡ/アポカリプス

「ヴィレッジ」
完全に孤立している村のお話。ああ、なるほど、という脚本でした。良くできてます。でもシックスセンスのほうが僕はいいカナ。映像技術はあんまり注目するところはありません。

目の見えない後半の主人公アイヴィー(ブライス・ダラス・ハワード)が美人。でも、目が見えないならあのようにはいかないと思いますけど。演劇のような、うまくまとめられた映画でした。

「バイオハザードⅡ」
ウイルスに感染し、襲ってくる死体がうようよする都市から逃げるお話。この回では何でこのようなウイルスが作られたかがわかります。古来から動く死体がなぜ怖いかというと、死体はドドメが刺せないからですね。しかも、人の形をしているから余計動揺してしまうわけで。

TVで1作目を(途中から)見たんだけれど、主人公のアリスがかっこよくてイイです。多分、人間じゃないけれど。そして、サブキャラのジルも、またまた、これがいい女。美人で強い女に惹かれます。

2作とも感動はないけれど、見終わった時の印象は悪くありませんでした。
[PR]
by CuFeS2 | 2004-10-03 23:15 | 作品紹介

webでシンメトリー写真

快速化学 Web Symmetrizer
[PR]
by CuFeS2 | 2004-07-28 02:20 | 作品紹介

さて、とうとう明日なわけですが…。

大友氏が9年かけて製作したという、スチームボーイの公開日。

スチームボーイ公式サイト
スチームボーイローソンサイト

僕は多分見に行くと思うのだけれども、まだチケットを取っていないので、、これ書いたらローソンへGOでしょうかね。あ、酒飲んだから、運転できないじゃん。


でも、今年はもっとビッグなイベントがあります。

それが開催されるのは、東京ではなく、なんと、広島!

広島国際アニメーションフェスティバル

国際アニメーションフィルム協会公認する国際アニメーションフェスティバルのひとつです。これを観なくて、アニメーションを語ると邪道です…ってぐらい、クオリティーが高いアニメーション作家の作品が上映されます。

っていうか、一般の広島市民に混じって、業界の人も、本物のアニメーションマニアもワラワラ沸いているのがおもしろい。そういう人が結構たくさんいたり、日本初上映の作品も上映されるので、作家を目指す人は行ったほうがいいですね。

そして、新たな出会いがあるかもしれません。
(友人はここで奥さんをモノにしました)

宿と、チケット取らなくちゃ。
[PR]
by CuFeS2 | 2004-07-16 22:15 | 作品紹介

ドームハウス 260万円

丸いプラスチックの家。結構、面白いかも。

こういうのが積み重なって、蜂の巣みたいな集合住宅とか、スペースコロニー風の集落とか(w

ただし、対策しているでしょうが、火事が起こったら簡単に消せそうにないし、壊すとき産業廃棄物が大量に出る気がするけれどね。

ジャパンドームハウス~ドームハウスとは?~
[PR]
by CuFeS2 | 2004-07-15 23:10 | 作品紹介

NECのコンセプトネットムービー

it

30日まで!
[PR]
by cufes2 | 2004-06-29 22:58 | 作品紹介